SNS利用者からのメッセージ

ホストがお客の家やホテルに出向いてサービスを受けられるのが出張ホストです。
少人数や個人で働いている男性が多く、
規模が小さくてもやっていけているだけあって
さすがのルックスやテクニックを持っています。
最近は仲介料をとられないように、
一人でサイトやブログを運営して顧客を掴んでいるホストも増えていますね。
ブログで普段の生活がわかると愛着が湧いてきて、ついつい呼びたくなってしまいます。
わざわざ街まで出かけなくてもいいし、
お店の従業員とも顔を合わせなくてもよいので楽ちんです。
それに自宅にお気に入りのホストが来てくれるのでデート気分が味わえます。
追加料金でお泊まりもできるので、一晩中ホストを独占することもできます。
あるホストは定期的にうちに泊まりにくるのですが、
一緒に料理をつくったりDVDを見たりとまるで恋人と過ごしているようです。
彼も何度も来ているため、すっかり調味料の場所なんかも把握していています。
もちろん彼はエッチにも積極的。
年齢も年齢なので時間が決まっている売り専では落ち着かない部分もありますが、
出張ホストなら大丈夫。自宅で1晩あるので心ゆくまでホストを堪能しています。
彼とは付き合いが長いので先輩後輩プレイなんかも楽しみます。
ちょっとMっ気のある私は年甲斐もなくいつも後輩役。
30年以上昔の学生時代を思い出して学ランを着用し、
彼にやさしく命令してもらっています。目隠しで視界を隠されると五感が研ぎ澄まされ、
何をされるかわからない恐怖で少し触られるだけでびくついてしまいます。
「お前固くなってるんじゃねえよ!」などと先輩役のホストに罵られると、
学生時代の淡い妄想が実現できたようで興奮します。
この前はおもちゃで乳首を意地悪に攻められ、感じまくっちゃいました。
彼は私のしたいプレイやできないことをしっかり把握しているのでいつも大満足です。

出会い掲示板

ゲイの出会いの場としてもっともポピュラーなのがゲイ専用の出会い掲示板です。
画像つきでメッセージを投稿したり好みの男性にメールを直接送信できる、
ゲイ同士の新たな出会いをサポートする掲示板です。
ゲイにとってネット上での出会いは交流の幅を広める大切なツールということもあり、
大手サイトともなると1日のアクセス数は常に10万以上。
顔出しの投稿数も多く業者サクラもありません。
ノンケと女性の出会い掲示板とは異なり、安心安全快適に、
それもほとんどすべてのサイトで料金は完全に無料です。
掲示板の主な投稿メニューは「顔」と「体」の2つです。
それぞれの掲示板で、投稿者は自分の自信のあるポイントを。
選ぶ側の男性は好みの基準と照らし合わせて使用します。
ゲイ同士がすぐに出会えるよう掲示板は地域別になっており、
「東京23区」「四国」といった具合に分かれています。
いくらよい人がいても、あまりに遠距離だと会うことが難しいですからね。
サラリーマンなどは出張で遠方に出かける前に、遊び相手を募集しておくこともあります。
サイト自体をあらかじめ地域に限定した、地域密着型の掲示板も存在しています。
すぐに会うには心の準備ができていない、
メールでお互いをもっとよく知ってから付き合いたいというゲイのために、
マジメ掲示板もあります。マジメ掲示板では画像の投稿なしに、
趣味や嗜好、パートナーに対する考えといった内面から友好関係を
深めていこうという流れがあります。
ゲイ同士のイベントやハッテン場で素敵な男性を見かけたのだけれど、
タイミングを逃して話しかけられなかった。あの時のあの人が今でも忘れられないが、
連絡先がわからない。そんな悔しい思いをしている男性には、尋ね人掲示板がオススメ。
ゲイ同士のコミュニティーは狭く、掲示板サイトもそれほど多いわけではないので、
もしかしたら本人または知人が書き込みを見つけてあなたに連絡をくれるかもしれません。

新しい出会いを探せる

セックスをして終わりという短期的な関係でなく、
長期的なパートナーを探すのにもゲイサイトは適しています。
SNSサイトは内面でじっくりとお互いを理解するのに向いていますが、
ゲイの間にはマナーが悪く非常識な者もおり、
一部のゲイの迷惑によってSNSサイトの退会を余儀なくされることもままあります。
そんな時に連絡がつかなくなってしまわないよう、
仲良くなった相手とは気軽にアドレスや電話番号を交換しておきましょう。
事情がない限りはすんなりと教えてくれるはずです。
またSNSをより活用するために、インターネット電話サービスや大手一般SNS、
ミニブログといったサイトも利用してみてはいかがでしょう。
直接の連絡先を聞くのはためらわれるとしても、サイトのアカウントなら大丈夫です。
インターネット電話サービスでは顔を見ながら双方向でテレビ電話が使えます。
料金は無料。ほとんど対面して会話しているようなものなので、雰囲気もよくわかります。
会うことが難しい海外のゲイともオナニーの見せあいっこがタダで楽しめるので、
自宅でオカズに困ったときにも使えます。
ゲイ以外の大衆向けSNSにはゲイに関するコミュニティーも充実しています。
カミングアウトしていないゲイはゲイ専用の別アカウントを使い、身バレを防ぎます。
ここではバイセクシャルやノンケっぽいゲイとの出会いが期待できます。
最近流行のミニブログサイトでは、リアルタイムに相手の行動がわかります。
そのため他のゲイサイトと連携させるにはもってこい。
現在地からこれからの予定までが瞬時に把握できます。
実生活に密着しているので親近感もわき、急用や誘いの連絡もすぐにつきます。
ゲイサイトをひとつに限定してしまうのではなく、
多種多様さまざまな優良なサイトを組み合わせましょう。
そうすれば今までとは違った新しい出会いが待っています。

真剣な男性同士の付き合いもある

ゲイが全員セックスをしたいというわけではありません。
会ったらすぐにセックスをしたいのがゲイ、ということではないということです。
心と心が通じることをまず優先し、
真剣に付き合えることを求めているゲイも中に入るのです。
男女同士の出会い同様に、相手に気に入ってもらいたい、
会って自分に幻滅してもらいたくないというような不安や緊張感を持つ人も多いのです。
そのため最初はメールでじっくりとお互いを理解したいと思い、
メールは質問で終わらせてみたり、顔文字や絵文字を使ってみたり、
メール1通1通に大変な手間をかけてくるのです。
こうしたゲイにとっては会ってすぐにセックスを済ませたいというのではなく、
話を楽しんだり、相手に対しての思いやりも必要になるのです。
メールが飽きれば電話、テレビ電話にして見るのもいいでしょう。
ゲイ同士で恋愛をするというのも、異性同士の恋愛とそれほど変化ないのです。
もしも真剣に交際していきたいと思うのであれば、
プロフィールに堂々と真剣に付き合える相手を探していますと書き込めばいいのです。
そして同じ目的の相手を探していけばいいのです。
こうしたゲイはハードルもそれほど高くありませんから。
インターネット上で恋愛したいと思っているのです。
そのため積極的に話しかけていき、メールを送っていくことで、
真剣に交際できるというようなパターンにもなれるのです。
ゲイにはセックスは体だけの関係であって、恋愛関係はまた別物と言う人も多いのです。
ですから大多数の人が誰でもいいからセックスしたいというのであれば、
相手に情を持たぬよう自覚していかなければいけません。
つまり、一夜限りの関係というのがよくあるのです。
ですから恋愛もしたいというのであれば、
セックスだけではない時間をきちんと分かち合ってくれる人を理想としたいものです。
このような相手を見つけられれば、希望も必ず叶うでしょう。

男らしいゲイ

ゲイをジャンルで分けることは大変に困難です。
なぜならゲイには、普段はノンケとして生活しているが
一時的な趣味として女装を楽しむ女装子や、
完全に異性として男性を恋愛対象と考えるニューハーフ、
アニメやマンガの男性キャラ同士の絡みを
萌えとして享受するボーイズラブ好きの腐男子など、
一緒くたに同性愛者として一括りにできないほどバリエーション豊富だからです。
またバイと呼ばれる両性愛者もいます。
バイとはバイセクシャルの略称で、男性と女性の両性を愛せる人のことを指します。
この言葉は女性の同性愛者であるビアンの世界でも使われています。
なのでここでは男性に恋愛感情を抱く男性をゲイとしてとらえ、
おおまかにタイプ別で分類すると
「男らしいゲイ」「女らしいゲイ」「ゲイらしいゲイ」となります。
もちろんこれらのジャンルは混在しており、
外見はヒゲで筋肉質で男らしいのだけど中身はオネエ、
といったタイプのゲイもいます。
ガチムチ系、オラオラ系、ガテン系、
体育会系といったゲイが「男らしいゲイ」に分類できます。
ガチムチ系はイカニモ系のガッチリした太い筋肉に
脂肪が加わって少しムッチリとしています。
元運動部やプロレスラーのゆるんだ体型がガチムチに当てはまります。
オラオラ系はセックスにおいて常に主導権を握り、
かなり強引な命令口調で行為を強制してきます。
しっかりとリードをとってくれるためにMっ気のあるゲイから人気です。
ガテン系は土木建築といったブルーカラー、
またはガテン職の制服を着こなすような汗が似合うゲイです。
お日様の下で力仕事に励むガテン系は、ゲイのなかでも人気ジャンルです。
体育会系は一般に使われているように、
坊主などの短髪でスポーツが好きなゲイを指します。
ゲイの世界ではスポユニといって、
野球やサッカー部のスポーツのユニフォームを着用したままの
セックスを好むユニフェチと呼ばれる人もいます。

登録を考えました


真剣にパートナー探しをしていた時期があり
、ゲイサイトへの登録を考えました。
素敵なパートナーが見つかればと思い登録する事にしましたが、
最初は何をすればいいのか全くわかりませんでした。
ですが結局、サイトのページをみているうちに
尚更相手を探したいという気持ちが強くなりました。
積極的に自分を売り込んでみましたが、
そのおかげかお誘いがたくさん来るようになりました。
ゲイサイトなので、登録されている人数もちょうど良いです。
誰かと知り合える確率も高そうなので、
チャンスも多そうなので尚更登録してよかったと思います。
お誘いもいただけるようになり、自分好みの人を探していましたが、
数人候補が出てきて彼らと個人的に会う事にしました。
僕の考えではありますが、やっぱり肉体関係も大切だと思い
一人一人の相手と会うたびにHを要求してみることにしました。
自分もいやらしいと思いながら、肉体関係を存分に楽しみました。
結局一人の相手を決めて親密な形でお付き合いする事にしました。
そろそろ2人で一緒に住もうかという話もありますが、
別々の場所に住んでいるから興奮出来るというのもあるかと思い
結局まだ同棲はしていません。
ゲイサイトは簡単に言えば相手を探しやすいという特徴があります。
自分の好みに合わせて検索する事も可能で安心して利用出来ます。
登録を考えているという方にとっては、
まずは無料サイトを参考にしてみてそれから
他も探してみるという方法が良いかも知れません。
サブコンテンツ

このページの先頭へ